ウルセラで若返る┃医師と相談しながら慎重に行なう

ウーマン

加齢で生じる悩み

微笑む女性

加齢によって生じる美容の問題として、顔のしわが挙げられます。しわの対策は自己流になりがちですが、部位によって原因や対策が異なるため、しっかりとした理解が必要です。ここでは多くの人が悩む首と目元のしわについての知識を紹介します。まず、首のしわの原因は加齢による筋力の低下、寝具の状態が中心となります。首の筋肉は表情筋と繋がっており、大きく笑うなど顔の筋肉を鍛えることが解決に繋がります。寝具では高すぎる枕が首のしわをつくり、慢性化の原因となります。目元のしわは、目の疲れやメイクのし過ぎが主な原因です。目の皮膚は非常に薄く敏感なため、血行不良や寝不足になるしわが定着することがあります。メイクのし過ぎは肌に悪影響を与えるため、保湿などのケアが大切です。しわは美容外科で引き伸ばすことで治療が可能です。クリニックの治療に加えて、自宅でのケアも行えば持続的な効果が期待できます。

顔のしわの原因は筋肉の衰えが根本にあるため、表情筋の強化は直接改善に繋がります。美容整形と並行して筋力を鍛えることで、よりスムーズに肌の悩みを解決できます。表情筋の鍛え方は極端な表情を繰り返すということがポイントです。大笑いなど極端な表情はかえってしわを作るイメージがありますが、実際の原因は姿勢や習慣が皮膚に慢性的な跡を残すことなので、心配は要りません。極端な表情とは、大きく笑って今度は顔をすぼめるといったように、筋肉を伸ばしたり収縮させたりする動作を繰り返すことです。目元であればぎゅっと目を閉じ、大きく見開くことになります。それぞれの表情は5秒ほどキープし、ゆっくりと表情を変えていくことがポイントです。筋力の改善は表情筋に張りをもたせるだけでなく、代謝も上がって肌のうるおいにも繋がるというメリットがあります。